4月は怒涛のライブ攻勢を乗り切って、10連休はどこにも行かず同人誌の原稿書きに明け暮れ……やっと曲作りに専念できる!

やっと今月のライブ終わった……と思ったらもう今月終わるやん!そして5月のライブが……ループ。ダメだ何とかしないと。

今月も倹約生活してるけど、ライブ多いとペイしてても飲み食いで使うから絶対お金貯まらない……早く引きこもって曲作りたい。

月1回やってるライブイベのMCで「平成最後の〜」って言い忘れたのを悔やんでるので、令和になるのをもう1ヶ月延期してほしい……

ギターのアドリブでソロ弾くの苦手なんだけど、必要に迫られてて地味にスケールの練習するようになって、それが曲作ったりDTMやる時間をゴリゴリ削ってる。幼女戦記の「どうしてこうなった」が脳内ループしてる。

DTMerはDTMやる人ぐらいにしか思ってなかった。初心者からプロまで全部入ってるぐらいの雑なイメージ。でも改めて考えたら、プロの友人をDTMerって呼んだら嫌がられる自信ある。

最近ギターばっか弾いててDTMやる時間が……今週のライブ3本終わったら引きこもりたい。そもそも本来引きこもりたい人間。

まじすか……センドより各トラックに直挿しの方が軽いの!?

caponyan boosted

・2つのトラックのMIDIを1つのSampleTank3にセンド。音源内では2つのMIDIチャンネルに同じ音色「Flutes」を読み込む。
・2つのトラック両方に1つずつ(計2個)のSampleTank3を直接挿して、それぞれで同じ音色「Flutes」を読み込む。

明らかに後者の方が軽かった…。
っていうかまず、前者程度のことをやるだけで有意に音がブチブチになる私のPCが限界スペックすぎる。マルチティンバー音源の挙動なんぞより、己の環境の低スペぶりを思い知らされたことの方がつらい。泣

caponyan boosted

1つのプラグインに全てをまとめられるマルチティンバー音源でもそんなことしないで各トラックに1個ずつそのプラグインを挿した方が軽い説、まあそんなこともあるのかな~言うて大差は無いんじゃないの~くらいに思ってあまり本気にしてなかったんだけど、今のプロジェクトファイルで、たった2つのトラックでそれを体感できてしまった…。マジかよ…。

梅田のESPショップでマイクがケーブル付きで1280円だったんだけど、Amazonでケーブル無しで1480円なので微妙。普通、ケーブルだけでもそれぐらい以上するけど。

試してないけど、使えるなら汎用性高そう。
「ヴィンテージのプリアンプ回路を再現したプラグイン。プリアンプを通したかのような音の太さを得ることができます。」
mobile.twitter.com/freevstbot/

あと、BFD3を入れたばっかりで、まだ全然使いこなせてない感ある。特にスネアの音を好みの感じに持って行けてない。なんか操作が難しい(語彙力)

そういえば最近はマスターにEQ刺してない……。Ozone7のマキシマイザーかコンプのプリセットぐらいになってきてる。あと、テープサチュレータっぽいのとかぐらい。音圧は、各トラックのアレンジとミックスで出しやすくなった気がする。音圧より全体の音像の奥行きが最近出せてない(いわゆる海苔音源の)傾向あるので、次はそのへんも課題としたい。

僕がレクサスのオーナーになることは一生なさそうというか、貧乏すぎてどんな車も買えないけど、秋のプリキュア映画の時もレクサスで来てくれるっぽいので、次は自分の音源をいくつか持って行ってどう聴こえるか試してみたい。

知人のレクサスの助手席に乗せてもらって劇場版プリキュアの最速上映を観に行くという訳の分からない体験をしてきた。
感動したのはレクサスのオーディオの音の良さ。スピーカーが16個装備されてる(どこにあるか見えなかったけど)のに加えて、車内の静音性がハンパない。窓が合わせガラスで外の音が聴こえないし、エンジン音も中低域が車内に響かないので、オーディオの音がめちゃくちゃクリアに聴こえる。幅広い帯域がクリアかつフラットに聴こえるけど、太い低音とかハイの抜けとかどこかを前に出す味付けはないので、すこぶる上品な音像かなと。クラシックとかジャズにはいいけど、ラウドなロックやポップスだと物足りなさを感じる人もいそう。

これほんとかな……↓
‪【DTMにもペンタブはおすすめ!おすすめの機種も紹介します】 sakky.tokyo/2019/03/11/dtm-pen

bt> さすがに<MARQUEE>タグは見つからなかったw

caponyan boosted

コンデンサーマイクの保管方法だけど、ジップロックにシリカゲルと一緒に入れてるだけ。これでいいか分からないけど、他のマイクも今までそうしてる。

Show more
Otoyadon

音楽に関連するようななにかを作ったりしているような人と、このドメインが気に入った人のためのインスタンスです。