あと、BFD3を入れたばっかりで、まだ全然使いこなせてない感ある。特にスネアの音を好みの感じに持って行けてない。なんか操作が難しい(語彙力)

そういえば最近はマスターにEQ刺してない……。Ozone7のマキシマイザーかコンプのプリセットぐらいになってきてる。あと、テープサチュレータっぽいのとかぐらい。音圧は、各トラックのアレンジとミックスで出しやすくなった気がする。音圧より全体の音像の奥行きが最近出せてない(いわゆる海苔音源の)傾向あるので、次はそのへんも課題としたい。

僕がレクサスのオーナーになることは一生なさそうというか、貧乏すぎてどんな車も買えないけど、秋のプリキュア映画の時もレクサスで来てくれるっぽいので、次は自分の音源をいくつか持って行ってどう聴こえるか試してみたい。

知人のレクサスの助手席に乗せてもらって劇場版プリキュアの最速上映を観に行くという訳の分からない体験をしてきた。
感動したのはレクサスのオーディオの音の良さ。スピーカーが16個装備されてる(どこにあるか見えなかったけど)のに加えて、車内の静音性がハンパない。窓が合わせガラスで外の音が聴こえないし、エンジン音も中低域が車内に響かないので、オーディオの音がめちゃくちゃクリアに聴こえる。幅広い帯域がクリアかつフラットに聴こえるけど、太い低音とかハイの抜けとかどこかを前に出す味付けはないので、すこぶる上品な音像かなと。クラシックとかジャズにはいいけど、ラウドなロックやポップスだと物足りなさを感じる人もいそう。

これほんとかな……↓
‪【DTMにもペンタブはおすすめ!おすすめの機種も紹介します】 sakky.tokyo/2019/03/11/dtm-pen

bt> さすがに<MARQUEE>タグは見つからなかったw

caponyan boosted

コンデンサーマイクの保管方法だけど、ジップロックにシリカゲルと一緒に入れてるだけ。これでいいか分からないけど、他のマイクも今までそうしてる。

中古のコンデンサーマイク(Blue Baby Bottle)を購入した。ショックマウントをマイクスタンドに取り付けるパーツが無かったので別途送ってもらったら今度はボルトが入ってなくて、言うの面倒なのでボルトはホムセンで買って来て何とかなった。セッティングして軽く動作確認したらいい感じ。次のボーカル録りで使う予定。

新曲を投稿しました。
いらすとやのフリー素材からイメージして無理やり詞を書いて曲を作ったらこうなりました……だいぶアホなものを作ってしまった感が否めない……

nicovideo.jp/watch/sm34727754
youtu.be/Stt2dGm5R9E
soundcloud.com/caponyan/cold-s

@caponyan 指揮者のMCが上手くて面白かったのが意外だった。ドラクエ9では夜に城に入れなくなったけど、考えてみたらそれまで入れたのがおかしい!とか、それを言い出したら人の家に侵入してタンスを開けるのはどうなのかとか、ツボを押さえたネタ満載で、どかんどかんウケててそこがなんか悔しかった……

Osaka Shion Wind Orchestraのドラクエコンサートの招待券をもらったので神戸まで聴きに行ってきた。あんな大きな編成のブラスを打ち込むことはないけど、コントラバスのピチカートってこういうとこで使うのか……とか、天然のホールリバーブすげー!とか、終始DTM脳で聴いてしまった感が否めない。

というか、去年の北大阪地震の時はまあまあ揺れたけど、揺れた方向が良かったのか、機材は倒れなかった。ただ先日、向きを90度変えたので次は分からない。

機材の地震対策は何もしてない……モニタースピーカーの下に積んでるブロックが発砲スチロール製(ダイソーで買った)なんだけど、荷重強度は問題ない。けど、揺れには滅法弱い。地震で机上から落下してもまあ壊れないんじゃないかと思ってる。

@caponyan 途中でスモークオンザウォーターを入れてドヤ顔する所がおもろ……

ニッケルハルパ界のイングヴェイを見つけてしまった感ある……
youtu.be/7sfBcWvVUbs

音楽力がすごい(語彙力)
歌詞は何というかしんどくなってくる(語彙力)

ソリッドギターのアレンジ力の磨きたみが日に日に増している。

@caponyan というか今日こんなに腰が痛い原因って、昨日DTM作業環境の模様替えをしたせいだと今気づいた。モニターアームを付けたまま机を動かしたあたりでかなり腰に来たんだった。

友人が出てるエマージェンザの予選見に行ってきた。というか、8バンド中4バンド目が終わったところで腰が痛くなって退出。客として行くと座る場所がないライブハウスのつらみを痛感。狭くても壁際にベンチがあるハコも多いんだけど。

Show more
Otoyadon

音楽に関連するようななにかを作ったりしているような人と、このドメインが気に入った人のためのインスタンスです。