ふおおお、コード進行、機能和声のお話全然分からん!! 分からんけどなんか楽しい!!(なんでや)

音屋丼作って笛作ってFM音源作る大学生何なんだ

MIDIキーボード、置く場所が一番問題だなーと思っていて、個人的にはPCキーボードの向こう側にMIDIキーボードを置くか(私の場合は手前だと使いにくいので)、キーボードスライダーや昇降式キーボードスタンドを使って、どちらかのキーボードを上と下に置いて使うのが使いやすいのかなー憧れだなー(憧れなのかよ)と思っています。

(この、誰かの役に立ちたい・情報を共有したいという思いは、そっくり相手をコントロールしたいという思いと一致するのよなあ。くわばらくわばら)

 私の場合、作曲のようなものを始められない理由は、「難しいこと」を始めようとしている場合がほとんどです。
 あと「何も出口を決めずに労力無しで作ろうとしている」場合とか(「ランダム」だと苦労しないけど、過程がツマラナイので作業が続けられなくなる)。
 なので、
・目的を決める。
・そのジャンルの作法に則った所作で作業を進める。
・T/SD/Dの3アイテムのみを使う。
・パート構成の箱に詰め込む。
・楽器変更/ミックス/マスタリングの3つは全て最後に行う。
 といった状態に戻って来れたときに、なんとか作り始める準備ができるような・・・できるような~~~(鼻へへん)。

 ちょっと分かる気がします。
 私はTwitterの方では、フォロワーの人には迷惑&私は恥ずかしいのですが、曲を作り始めるときとかに「なんで作り始められんのやー」とか「こうやったらきっと始められるはずやー」といったことをギャーギャーツイートしながら(ほんと迷惑&恥ずかしい)曲作りをしてます(失敗を含めて)。
 これはなんか、強制的に過程を含めてアウトプットしながらでないと、これは永遠に作曲?の作業を進められないな、という諦念から始めた「最後の手段」でした。
 (しかしほんとに迷惑だし恥ずかしい&それでもなかなか始められない。)

あ、でも慎重に考えれば騙りアカウントである可能性だってあったのか。今回はちゃんとご本人だったけれども。インターネット・・・。

私もツイッターの方で「おお、むじさんご本人だー」って思った笑。

おおお・・・調によってカラーが異なる話は共感覚っぽい・・・。私は分からない人なのですが、調ごとに音高のセットが変わる(低くなれば男声の音域に徐々に近づくとか)ので、それは変わるんじゃないかなあと想像しますが、あとはやっぱり今まで聞いてきた曲の印象の蓄積かもしれませんね。

NHKFMでは音楽が足りなくなって、OTTAVAというネットラジオをアプリで聴くようになりました。情報アンテナが微力なのでラジオは助かります。

自分でトゥートしておいて、自分の早口ぐあいに引く。

録音機材初心者のオ☆サーンです(なんだこの書き出し)。三日前に人生で初めてコンデンサマイクを買いました。 

MXL770(サウンドハウスだと税込9,768円)です☆。
本当はもっと安価なベリンガー C-1(4,565円)にしようと思ったのですが、C1の太い本体をつかめるサスペンションホルダーで、最も安いものがRY-INVUSM(8,778円)しかなく(確認しました)、マイク本体より高いホルダーとの組み合わせはなんかアンバランスだーと思って、ホルダーや収納ケースが付属するMXL770にしたのでした(そんな値段ばかりで選ばんでも・・・なぁ)。
手持ちのAG03に、別売りのXLRケーブルを挿して、私のボーカルが問題なく録れています!
・・・窓の外の電車の音と共に・・・
あ、あとポップガードとミニ三脚みたいのも買った。
現場からは以上です。

Scaler2、bitwigでちょっとだけ使ってみました。
・DAWとの再生シンク機能は搭載されている(→SETTINGS)。
・クリップランチャーをリピート再生させてもScalerは進行を繰り返さない(当たり前か)。要アレンジャー画面の方でリピート再生。
・Scalerのリピート長はDAWのリピート長で指定。
・動作が重くなってる! グギギギギ(これは私のPC環境)。
まちがいあったらスミマセン。

私は歌でハモるというのが全く出来なくて、適当な不協和音を重ねてきたのですが(ヒドイ)、おととい突然、まだ完璧ではないもののできるようになったのでした。苦節25年(そんなにか)。同居人に「ようやく移動ドが分かったのか」と言われました。

繰り返し間違いを練習すると間違いを学習してしまう・・・わかる・・・でもしてしまう・・・。

Scaler2はDAWとのトランスポート・シンクと繰り返し長の指定ができるようになっていてホスィ(死語)・・・

DTMの始め方・・・やりたいことと前提スキルで無限とも言える選択肢が。なんか結局DAW使いこなせるようになるまで半年とか一年かかるよねーみたいな話はよく聞きます。私は・・・サボり症なので10年くらい掛かった気が(ヲ

Show more
Otoyadon

音楽に関連するようななにかを作ったりしているような人と、このドメインが気に入った人のためのインスタンスです。